安心して信頼できる業者に相談

MENU

任意売却の場合は債権者との交渉が必要になります。

 

住宅ローンの債権者は主に金融機関で、銀行や金融公庫、クレジット会社、カードローン、キャッシング等様々ですが、基本的に500万円以上の借り入れをしている方が多い状況です。

 

金融機関によっては任意売却を認めてくれない金融機関もあります。

 

賢く借入を行うことが出来ても、任意売却を行ってくれる金融機関からの借入をすること、また住宅販売先メーカーと、提携しているクレジットカード会社からの借入を行っていく方は任意売却の交渉に前向きな業者が多いです。

任意売却の条件

法的には住宅の借り入れの際に連帯保証人等がいる時には任意売却への同意が必要になります。

 


保証人の同意を得られないケース等にも対応することが出来るように専門家に依頼することが可能です。

 

債権者と折り合いがつかなくなると売却ができなくなることもあります。

 

競売ではなく任意売却の方が結果的に良く、7割以上の金額で債権者と折り合いがつけば、住宅ローンを、合理的に解決することが出来ます。法的には不動産会社に依頼することも可能ですので、借入した金融機関から進められることもあります。

 

そのまま住宅ローンを放置しているよりも任意売却を行うことの方が、合理的に和解し、住宅ローンの解消を早期に行うことが出来るメリットもあります。

 

取引先からの督促が来ている方で、長い期間支払いを遅れている方や、金額が足りていない方は住宅ローンの解消方法として任意売却を行うことも可能になります。

 

取引先から任意整理を進められることもあります。この時に売却価格を検討しましょう。

 

50%近くの価格になります。

 

取引先からの価格を魅せられても、再度交渉していく事が出来ます。

 

そのため任意売却を行う際には、時間をかけて値段を決めていく事もでき、専門家に仲介を依頼することもかのうです。

 

高すぎる住宅ローンの解消方法として近年注目されているサービスです。安心して信頼できる業者に相談しましょう。