過払い金とグレーゾーン金利【取り返せるか考える】

MENU

過払金とグレーゾーン金利

過払金は利息制限法に定める金利を超えた金利で計算した利息を支払った場合に発生します。では、お金を借りた貸金業者(サラ金等)は、法律違反のとんでもない契約を結んでいた、ということなのでしょうか?

 

これがそうともいい切れない理由があります。
現在は法律が改正されていますが、古い利息制限法では、制限金利に2種類ありました。

 

一つは、絶対に超えてはいけない金利です。こちらは問答無用、その金利を超えたところで、超えた部分の金利によって計算された利息は返してもらえます。
ほとんどの貸金業者の貸付契約は、この制限金利ぎりぎり下に金利が設定されていました。

 

 

利息制限法には、もう一つ、条件次第では超えてもいい金利がありました。その条件とは、お金を借りた人(債務者)が、自分の意思で(これを任意で、と言います)、お金を支払った場合です。
言い換えると、本人が望んでもないのに取り立てることはできないものの、支払ってくれれば受け取っていい金利、というのがありました。この金利のことをグレーゾーン金利と言います。

 

この、グレーゾーン金利を債務者が任意に支払っているかどうか、について、貸金業者は一般に任意だと考えてきましたし、多くの文献でも、任意だとされていました。

 

しかし、通常のお金の貸し借りの契約の元では、任意ではない、という判決が裁判所から出されたのです。そしてこれが、過払金請求が広まったきっかけです。
通常のお金の貸し借りの契約では、万が一、貸したお金を期限に返してもらえなかった場合、貸した方は、その日に返してもらえるはずだったお金を支払ってくれるよう請求できる、のは当然です。
しかし、それに加えて、以降の期限に支払う予定の分まで、一括して返してもらえる、という条件が定められています(これを期限の利益喪失条項、と言います)。

 

裁判所は、このような条件がついているときには、グレーゾーンの金利も支払わないといけないと債務者は思うはずだ、と言います。そして、支払わなければいけなくて支払っているのは任意ではない、と判断したのです。