過払い金請求は急ぐべき【時効や倒産されてしまう前に!】

MENU

過払金請求は急ぐべき、今すぐすべき

過払金を請求できる状態だとして、その請求をいつすべきなのか?という問題があります。
あるいは、過去にサラ金からお金を借りたことがあるのだけど、利息制限法を超える利息を支払っていたかどうかなんて調べてみないと分からないし、そもそもいくら借りていたのかもしっかりと覚えていない、という場合、いつ調べるべきなのか?という問題もあります。

 

多く意識されるのは、困ったとき、借金が返済できなくて困ったときです。
それは、やばい!と思って専門家に相談にいくのであれ、実際に支払いが止まり、請求が来て、競売が始まり、というどこかのタイミングであれ、いずれにせよ遅い、と言わざるを得ません。過払がある、と分かった時点ですぐ請求すべきです。

 

 

なぜ、早くやるべきなのか?
それは、弁護士事務所や司法書士事務所が報酬を得るためではありません。

 

一つの理由は、後から過払金を請求しても、法的に取れない可能性があるためです。これは消滅時効という制度によるもので、一定期間、権利が行使されないと、その権利自体がなくなってしまう、という制度があります。

 

そしてもう一つ、大きな理由は、過払金を請求する相手が倒産してしまうなどして、過払金を支払えなくなる可能性があるためです。
実際に大手と言われる貸金業者は、大幅に規模を縮小したり、金融機関(銀行)の傘下に入ったり、しています。
明日には、もう返してもらえないかもしれない、というのはありえない話ではないのです。

 

逆に、もう少し、過払金の請求を待っていることによって、何かいいことがあるでしょうか?
基本的には何もないものと思います。デメリットについてご説明した際に、以前はブラックリストに掲載されてしまう結果、新しくカードが作れなかったり、ETCカードが無効になってしまったり、ということもありましたが、現在ではなくなっていますとご説明したとおりです。
そのため、躊躇する理由はありません。過去にお金を借りたことのある人はすべからく検討してみるべきなのです。