過払い金請求を自分で行うことはできるのか?

MENU

過払金請求を自分で行うことはできるのか?

過払金は、法律的に支払うべきではない利息を貸金業者に支払ってしまったものです。そのため、お釣りを間違えた、商品の値段を一桁間違えてお金を払ってしまった、と同じように、言えば返してもらえそうに思えます。
しかし、実際にはそうはなりません。

 

 

貸金業者の店舗に赴き、過払いの利息を返金してほしい、と言ったところで門前払いを食らわされることが大半です。この理由はいくつかあるのですが、一つには過払いで返すべき利息がその業者に支払われてから時間が経っており、今更過去の契約や入金条件を調べるのが手間、ということがあります。
そして、業者にとっては結局返さなければいけないお金ですし、過払いの人に返金したところで、以降その貸金業者を使ってくれることも期待できない以上、サービスする理由もありません。
最後に、どれほど知識を持っている人なのか分からないため、対応しずらい、ということもあります。

 

では絶対に無理なのか、というとそんなことはありません。事前に2つのものが用意できれば自分でも交渉できます。
一つは、しっかりと理論武装して、議論ができるよう準備することです。理論武装だけではなく、実際には業者側も、意図的にか、誤解してか、様々な言い訳をしますので、それに対応する必要がありますが。
そしてもう一つは、最終的に話がまとまらなければ訴訟を行う決意を持つ、ということです。
もし、自分の考えている過払い額が正当なものなのであれば、訴訟で取り返すことが可能なはずです。もちろん、訴訟には手間も、時間も、お金もかかります。その負担を避けるために、債務者と貸金業者(債権者)が協力しましょう、という方向に話を持っていく必要があると言えます。

 

過払金返還請求については、議論となるポイントも多く、自分で一から勉強するのはなかなか大変ではないか、と思います(一例として、業者側から消滅時効が成立したと反論されることがありますが、消滅時効の起算点に関する議論は相当複雑です)。
人に頼むより自分でやった方が安く上がるから、と考えるべきではなく、他人に頼むのは心配で自分でやった方がいい結果がでそうだから、という理由で行うべきものではないかと思います。

 

なお、失敗したら専門家に頼んでもいいのです。決して一発勝負で負けてしまったら敗者復活がない、わけではないことは覚えておいた方がいいのではないでしょうか。