取引履歴の開示請求とは?【過払い金請求をする際のポイント】

MENU

取引履歴の開示請求とは

過払金の金額を計算するに当っては、自分が今までにいくら借りたのか、を知っている必要があります。そして、その借りたお金の金利はどれくらいだったのか、いつそのお金を返したのか、も必要な情報になります。

 

ところが、お金を借りた債務者が、この記録をしっかり持っている、とは限りません。むしろ、返し終わったのだから、記録は処分してしまおうと考える人、初めから記録をとっておくことをしない人など様々です。

 

 

この情報を通常はしっかり把握しているのは消費者金融などの業者側です。業者の側は、法律で取引の契約書等を一定期間保管している義務があるためです。
また、通常の貸金業者であれば、顧客との取引の履歴は、その顧客と再度取引を行うかどうか判断するための重要な情報であるはず(つまり保管しているはず)です。

 

そのため、貸金業者に、取引履歴を開示してくれるよう要求することになりますが、貸金業者側は、過払請求をされるために、自分に不利な証拠を出すことに積極的であろうはずがありません。
一方で、借りた方からすれば、取引の履歴は、貸した方、借りた方の共通の情報なのだから、情報を持っていれば隠すべきではない、と主張されてきました。
この点については、法律上は、開示するよう求める明確な規定がないものの、最高裁判所の判決で、貸金業者には取引履歴の開示義務がある、と明言されましています。
そのため、あくまで開示しないと言い張る業者は少なくなってきているのではないかと思われます。

 

 

それでも、まだ法律上の義務がない、と言って断る業者が皆無なわけではありません。
専門家に任せておけば、開示しないこと自体が債務者に対する不法行為となる結果、取れる金額が大きくなる可能性もあります。
また、内容を開示するのではなく、和解を持ちかける業者もいます。この場合は、取引内容を正しく精査されるとより支払額が大きくなることから、このような和解を持ちかけているケースが多いと言われています。