過払い金請求の流れ【早く行動することが回収率UPにつながる】

MENU

過払金請求の流れ

過払金請求を自分で行うにせよ、誰か専門家に依頼するにせよ、大まかな流れを理解しておくと、今どういう状態にあるのかが分かっていいのではないかと思います。

 

過払金請求は、まず、誰から、いつ、いくら、どんな金利でお金を借りたのか、そして、借りたお金をいつ、いくらずつ、返したのか、を調べることから始めます。
過去のものを含めて、自分で資料(自分でつけた家計簿だったり、銀行から振り込んで返済した場合の通帳の写し等)をお持ちであればそれを用意します。

 

 

この段階で専門家に頼むかどうかを検討します。頼む場合には上記資料(なければ記憶だけでも)をもって専門家を訪ね、依頼して、着手金を支払うことになります。
そして、専門家に依頼を行うと、以降の、業者への取引履歴の開示から、行ってくれることが多いです。

 

次に、自分で資料を探していようが、全く何も残っていなかろうが、借りた業者に取引の履歴を開示してくれるようお願いします。
業者によって、電話するだけで送ってくれる業者もいれば、書類を提出する必要がある業者もいれば、実際に店舗にいって手続きする必要がある業者もいます。

 

こうして取得した取引履歴を元に、過払いとなっている金額を計算します。詳細な条件が分かればネットでソフトを探してくると自分でも計算できます。

 

金額を計算したところで、貸金業者に過払金の返還を依頼する手紙を出します。内容証明や配達証明、という送ったことが証拠として残る方法が望ましいものの、大抵は普通の郵便で事足ります。何故なら、貸金業者からは通常、何の反応もないからです。

 

そして、数日経ってから、業者へ電話で連絡し、交渉が始まることになります。
交渉の結果、業者が過払金を全額認めて払ってくれることはあまりなく、条件交渉(いくら値引いてもらえるか、いつまでに支払う必要があるか)が始まります。

 

条件が折り合わなければ、こちらが訴訟を起こすことになります(業者側から訴えが始まることはまずありません)。訴訟の最中にも和解が可能です。

 

いずれにせよ、過払金が認められれば、1,2ヶ月して、過払金が業者から支払われます。専門家に依頼している場合には、その専門家の手元に一度入金され、彼らの報酬を差引いた残額が、手元に帰ってくることになります。