過払い金請求を専門家に依頼する際の注意点とは?

MENU

過払金請求を専門家に依頼する際に注意すべき点は何か?

過払金を業者に請求するには専門知識や、業者との交渉経験がある方が話がスムーズにまとまりますし、返還してもらえる金額も多くなります。
では、その専門家をどのように選んだらいいのでしょうか?

 

まず、過払金の請求を代行して行ってくれているのは、主に、弁護士と司法書士になります。
借金の額によっては、司法書士では行えず、弁護士に頼むことになるケースもありますが、個人の借り入れ程度であればまず心配することはなく、どちらに頼んでも問題ありません(問題があれば、向こうが断ってくれますし)。
一般には、弁護士の方が報酬が高いと言われますが、ケース・バイ・ケースです。いずれにせよ、頼む前に、費用がどれほどかかるのかを確認しておくべきです。

 

 

この費用について、通常は着手金と言われる最初に支払う報酬と、返還された過払金の一定割合を抜かれる、成功報酬とになります。成功報酬については、持ち出しがありません。しかし、費用として取られるお金は本来は自分の元に返ってくるはずの金額ですので、安易に妥協すべきではありません。

 

能力的に弁護士と司法書士のどちらが望ましいのか、これも一概には言い切れないところです。実際問題として、どちらも、専門資格を持つ人が直接出て行って交渉するというよりも、その人の名前で事務所の所員が金融業者に通知を出しただけで決着するケースも大変多いので。
一般論としては、悪い評判を聞かない限り、地元の小さな事務所の先生、よりも、宣伝等を行っている大きな事務所の方が望ましいと思います。

 

専門家に依頼する際に一つだけ、特に注意すべきことがあります。それは、正しい情報を伝える、ということです。
弁護士にしろ、司法書士にしろ、法律で依頼者の秘密を口外してはいけない、いわゆる守秘義務を負っています。そのため、ごまかすことなく、事実を伝えるべきです。
逆に、想像の情報を伝える必要は普通はありません。記憶が確かでなければ、事実を確認する別の手段を検討するだけですので、素直にその旨をお伝えいただければと思います。